フォト
無料ブログはココログ

« 深大寺ハスの花に仏を感じた・水生植物園 | トップページ | 調布の里山と都立農高神代農場・ことしも豊作か »

2010年8月 5日 (木)

憩いのスポットです深大寺の湧水源流

深大寺の山門前の参道と、そば屋が立ち並ぶ通りはにぎわっているが、一本山側に入ったこの道は人通りが少ない。もったいない。木陰のベンチに座って静寂を楽しむにはもってこいの場所だ。

Cimg0420

本堂と深沙大王堂の間の小道を歩いてみてください。崖下の岩の間からは湧水が流れ出し、小さな泉を作っています。小道の下からも水が湧きだして別の流れを作っています。

深大寺、すなわち深沙大王の名をつづめたものです。これは深大寺に伝わる恋物語に由来しています。主人公は、開祖満功上人の父福満。地元の娘と恋に落ちるが娘の両親は許さない。それどころか池の小島に娘を隔離してしまう。福満が深沙大王に願うと亀があらわれ、小島まで連れて行ってくれた。こうして両親の許しも得て思いを遂げたという。

福満は渡来人だと言われている。そのため初めは許されなかったのだ。こうして満功上人は、大王を祀るために深大寺を建てた。このあたりは古代は狛江郷で渡来人が多く移り住んだところだ。

深沙大王は日光・輪王寺の創建にも関わっています。もともとは流砂の中からあらわれて三蔵法師の危機を救った仏教の守護神。


流砂からあらわれるから、「西遊記」の沙悟浄のヒントになった神様かな。

大王堂は江戸時代までは、本堂に匹敵するほどの大きさがあったが、明治元年の神仏分離令によって破却されてしまった。再建されたのは1968年(昭和43)と、ずっと後のことです。

立派な鳥居もあったというから神社扱いか。寺は大きすぎて壊せないので、寺に附属していた神社を壊したのか。神社が仏教の神を祀っているのがいけなかったのか。どうもよく分からん。


Cimg0422

毘沙門天も弁天様も各地に残っている。これらもインドの神様で仏教を守っている。時の神道過激派は何が気に食わなかったのか。判断基準がまちまちだ。

大王は福満を小島にわたらせたことで分かるように水の神様です。

そのためお堂の裏に湧き水を集めた小さな泉が作られているのです。縁結びとしては本堂よりもこちらの方がふさわしいかもしれません。

そういえば、本堂の東側に多聞院坂はあるが、肝心の多聞院がないのが不思議だった。調べてみたら、深沙大王は多聞天の化身だった。神仏分離の時に一緒に壊されてしまったんですね。

この流れは春先に小型のショベルカーを入れて整備していた。大きな石はどこからか運んできたものです。それでちょっと人工の匂いがしてしまうが、木や草が繁ってきたので大分、自然に近くなった。

深大寺を訪れた時には寄ってみてください。


このところ散歩しているのは、野川公園、貫井神社、国分寺のお鷹の道、水生植物園、深大寺と湧き水スポットばかりです。府中の浅間山にも水が湧いている個所があります。そこは水手洗神社になってます。自然を祭神にする原始神道の面影を残してるんですね。

水はいいです。涼しいし、「気」が湧きだしているのが実感できます。

Cimg0423_2

« 深大寺ハスの花に仏を感じた・水生植物園 | トップページ | 調布の里山と都立農高神代農場・ことしも豊作か »

古代史」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/36030556

この記事へのトラックバック一覧です: 憩いのスポットです深大寺の湧水源流:

« 深大寺ハスの花に仏を感じた・水生植物園 | トップページ | 調布の里山と都立農高神代農場・ことしも豊作か »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31