フォト
無料ブログはココログ

« 憩いのスポットです深大寺の湧水源流 | トップページ | 調布野草園のナツズイセン »

2010年8月 6日 (金)

調布の里山と都立農高神代農場・ことしも豊作か

猛暑が続くので、とても町中は歩けません。涼を求めて湧水スポットを巡ってます。きょう8月6日は、歯医者でクリーニングをしたあと調布の野草園へ。

Cimg0448


ここは里山が残っているところです。以前に「調布の里山、ミヤコワスレ、ヤナギハナガサ」として紹介(6月2日)したのは田植えの直後でした。ことしは全国的に「やや豊作」とかで稲の成長も順調のようです。

神代植物公園・水生植物園の田んぼはもう穂を出していたが、こちらはまだです。清水で育てているので遅いのだろうか。そういえば10年ほど前、新潟・月岡温泉の小さな旅館で食べたご飯がおいしかった。女将が言うには「湧き水で作っているので粒が小さいんです。その分、うまさが詰まっています。山の方で作っているのを取り寄せてます」。

水生植物園の方も湧き水なのだが池をこしらえたり園内を回遊させているので水が温まっているのかもしれない。

農業高校の神代農場もぐるっと見てきました。こちらは5月22日の「ワンダフル!農高神代農場」で取り上げてます。

水が湧いているところではワサビを栽培、一番奥で稲を育ててます。


Cimg0444

田んぼは網で囲ってました。中でアヒルがガーガー。自然農法で作ってるんだ。生徒たちはうまい飯が食えるな。

人を見ると、餌をもらえると思って近寄ってきます。何にもあげなかったので、ガーガーが恨めしげに聞こえた。こちらもまだ穂が出てません。里山の田んぼはこの下流になります。

いつきても、この里山の景色はいい。いつきてもあきない。いつまでも残してほしいふるさとだ。

田んぼの横から奥へ行くと自然広場。人はいないし、木陰にはベンチも置いてある。空気がうまい。右手に野草園があるのだけど、草に隠れて分からない。その上はカニ山キャンプ場。

コンクリの照り返しがないから涼しい。暑い暑いと騒いでいるけど、コンクリがなければそれほどでもない。自然が皆、吸収してくれるんです。


Cimg0460

もう通勤する気にはならんね。恋しいのはネオンだけ。

« 憩いのスポットです深大寺の湧水源流 | トップページ | 調布野草園のナツズイセン »

旅行・地域」カテゴリの記事

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/36056557

この記事へのトラックバック一覧です: 調布の里山と都立農高神代農場・ことしも豊作か:

« 憩いのスポットです深大寺の湧水源流 | トップページ | 調布野草園のナツズイセン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30