フォト
無料ブログはココログ

« ノビル掘り・無料 | トップページ | 政商・岩崎弥太郎②三菱がやったこと »

2010年4月21日 (水)

続・ノビル掘り・無料

三鷹の国立天文台横の遊歩道で若葉を満喫して野川に下る。その昔にこのへんで栽培していたワサビから連想してノビル摘み。

子どもの頃に掘って遊んだことがあるのでノビルの葉は覚えている。ニラとネギを足して割ったような形だ。まっすぐに伸びているのですぐに分かる。しゃがんで雑草の中に目を凝らすと、そこら中に生えている。

そこらへんに落ちていた木の枝を使って根の脇を掘る。あった、あった。丸くて白い玉が出てきた。直径5ミリほど。小さい。

10株ほどが密生している。慎重に掘る。小さな玉が鈴なりだ。30分ほどで片手では持てないくらいになったので、もう十分。

湧き水で手を洗って、ノビルは手持ちのビニール袋へ。夕食のおかずに一品追加だ。

「そんなにたくさんか。大変だぞ」とオヤジ。簡単に考えていたけどその通りだった。ここからが一仕事。よーく洗って泥を落とす。凹みについたのがなかなか落ちない。黒ずんでいるところがあるので甘皮も剥く。黄ばんだり枯れてる葉も捨てる。小さなやつを一本一本だから手間がかかる。40分やってもまだ3分の1だ。残りはボールに取っておいて、きょうはここまで。

ノビルは百合科ネギ属の多年草。ビタミンCが豊富で疲労回復に効果があるという。生のままでもいいが、匂いが気になる人はゆでて酢みそ和えが一般的。しょうゆに漬けておけば半年ほどで食べごろになる。卵とじやベーコン炒め、天ぷらでもいけるようだ。

きょうは酢みそ和え。ザクザクとみじんに刻んでみそと和える。栄養満点だぞと威張って食卓に出す。玉が堅い。葉っぱも歯に残る。もっとしゃきっとしてるはずだ。サクっと噛めてじわっとほのかな臭みが広がらなければいけない。失敗作。「時期がちょっと遅いんだよ。3月末なら軟らかい」と90歳になるオヤジ。

明日また挑戦だ。玉は細かく刻んで、根も丁寧に落とす。葉っぱは少しゆでて卵とじにするか。

« ノビル掘り・無料 | トップページ | 政商・岩崎弥太郎②三菱がやったこと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

三鷹市」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/34299531

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ノビル掘り・無料:

« ノビル掘り・無料 | トップページ | 政商・岩崎弥太郎②三菱がやったこと »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31