フォト
無料ブログはココログ

« 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(B) | トップページ | 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(D) »

2010年3月27日 (土)

明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(C)

「戊辰物語」(岩波文庫)に出てくる言葉のおもしろがり、まだ続いてます。(ラジオをつけていたら亀田が負けた。亀田はだめか、つまらない回文)。

これはどうだ。講談の宝井馬琴の若い頃の話です。落語ブームだけど、たまに講談や浪曲もいいものです。時々NHKラジオでやってます。人物紹介に「講釈界の元老で、その修羅場読みは天下一品といわれる人」とある。子どもの頃にも馬琴を聞いているから、こちらは初代か。

さて、馬琴ら若手3人が東京をずらかって旅に出たときの話。藤沢の興行で大当たり。田舎では前代未聞の3銭という高木戸を打った。21日間打ちつづけ大もうけのはずが——。「何しろ二十八の若さ、帯付二十五銭橋手前十五銭という土地名物の女郎に引っかかって一文なし」。

▽帯付二十五銭橋手前十五銭   帯付けを取ると25銭、橋は川を渡るためにあるので、そこまでくるとまた15銭。じらされて、めくるたびに金を取られたということなのか。昔、新宿3丁目にもありました。ヌードをデッサンさせる商売。デッサンだから裸になっても違法ではない。ゲージュツだ。看板には500円とかなっていて、脱ぐたびに金を要求される。裸になるにはかなりの額になるというやつ。男のスケベ心につけ込んだうまい風俗だった。あの路地も都市開発でなくなってしまいました。

しかし、そんなんで大もうけはなくならない。もっと巧妙に長期間にわたって鼻の下を伸ばさせたのか。見当がつきません。


▽衣は骭(かん)に至る  「書生時代の十五、六。そのころおしなべて衣は骭に至るなりふりもきき飽きた話、米がいくらで下宿料が若干、西郷どんが崇敬されて朴歯の下駄やらさつま絣、そんな話はドモいけん…」(上原元帥談)。

骭は、はぎ、すねのこと。骭がすねまでなのだから短い。しかし、まだピンと来ない。広辞苑に出てました。衣を引くと、衣は骭に至り袖腕に至る、という使い方がある。頼山陽の「前兵児謡」にある句で、「ゆきたけの短い着物を着、脛と腕とをあらわしだす。武骨なさまにいう」。上原元帥は些末な日常や、形だけのはやりに閉口したようだ。

こんなことも言っている。「ただ一口にいえば昔はなたを作ろうという気持ちで作った。今日は、はさみをつくってなたに用いようとする、ありゃいけへん。ありゃいけへん。なた作りの名人がいまいないわい」。教育のことを言っているんです。同感だ。型にはめては育ちません。多分、文部省で寺脇研もそういう方向を目指して「ゆとり教育」を打ち出したんだと思うが、国民の創造力が怖い勢力と、お受験にやられてしまった。


▽糸びん奴      「女中は佐幕武士の奥様方の仮りの姿、出前持ちは糸びん奴に結ってはいても、みんな相当の武家ばかりだったのです」「西郷隆盛なんかもこの事を知ってひどく同情したといいます」(新橋花月、平岡得甫老談)。戦わずに負けてしまったのだからしようがないが、あれほど威張っていたのに町人姿に身をやつし、プライドもずたずた。「元禄頃流行した髪型。頂を広く剃り下げ、鬢を細く狭く残したもの。奴・俠客などが結った」(岩波古語辞典)。


▽十字屋       東京・銀座の楽器店「十字屋」の成り立ちを幕末町方与力の原胤昭翁が語る。「私と旧大垣藩士の戸田欽堂という者とで、明治八、九年の頃キリスト教の本屋を始めたのが今の銀座三丁目楽器店十字屋の成り立ちです。…私はこの仕事と一緒に三十間堀の河岸通りに原女学校という日本最初のキリスト女学校を建てて生徒を養った。この学校の学僕をしていたのが先代の十字屋の主人倉田繁太郎で、後に私たちはこの人に店を譲り、戸田が紙風琴というものを考えて売らせたのがあすこが楽器店になる始まりです」。なるほどキリスト教の本屋だったので十字屋、納得。

こんなエピソードもある。福島事件の河野広中らが獄に入ったときに「天福六家撰」という錦絵を出し、これが発売禁止に。政府転覆を天福ともじったのが引っかかった。でも原翁はくじけない。「発売なら悪かろうが無料なら良いんだろうと盾をついて、…禁止の絵を通行人にくれてやる」。そのためにますます睨まれて罰金30円禁錮3カ月で石川島の監獄に。えらい!    

« 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(B) | トップページ | 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(D) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320081/33934914

この記事へのトラックバック一覧です: 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(C):

« 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(B) | トップページ | 明治の言葉「勇みの者」「女湯の刀架け」など(D) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31